忍者ブログ
へたれ男の趣味の集合体  気まぐれ&へたれな為、更新不定期
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • プロフィール
    HN:
    Solu
    性別:
    男性
    職業:
    学生ニート
    趣味:
    CGとか色々
    カウンター
    バーコード
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日はとある理由で「僕は君のためにこそ死ににいく」という映画を見てきました。

    鹿児島の知覧を舞台にした特攻隊とそれを支えたある女性のお話なんですが、久しぶりに色々と考えながら映画を見ました。

    現代の人とは全く違う生き方、思想。

    死の概念。

    人間の強さ、脆さ。

    色々と考えさせられる映画でした。


    ただある程度の予備知識がないと少し理解が難しい映画かもしれません。

    自分は二年位前に知覧特攻平和会館に行ったことがあったので、そこで聞いた話や見たものが劇中に出てきたりしていたので割と理解できました。


    しかし、ちょっとした男女の絡みや小刀で指を切るシーンで興奮してはしゃいだり声を上げるうちの学校の奴らはなんなんだ。

    そんな奴は家帰ってAVでもホラー映画でも見てろよ。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    美徳
    特攻隊は、当時の風潮と考え方の究極的な形だったのかもしれませんね。それだけに、考えなければならない事も非常に多いと思います。それこそ、人道的な事から軍事的な事まで。

    心配せずとも、きっとAVやホラーしか見てないと思いますお(^ω^;そういう方々。
    FVさん / 2007/06/05(Tue) /
    いいかげんにしなさい! HOME 爆熱ゴットフィンガァァァァァァ!
    Copyright © Over The Limit! All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]